こんにちは。

リネンとガーゼのお洋服komof(コモフ)洋服作家の小森谷孝子です。

毎年思うのが、秋のお洋服は出番が短いということ。

秋物を作って売り始めた時には、まだ残暑が厳しく・・・・。

秋が深まってきたかな。と思う頃にはもう、もこもこ素材やウールの時期。

なので、秋物はそんなにいらない。

と思われてしまいます。

私は、秋物。って決めているお洋服ってほとんどありません。

リネンのお洋服は、1年中着られるから。

ただ、少しトーンを落としたものを多く着たりします。

外出は、ほぼ毎日リネンのキュロットスカート。

自宅では、どんなお洋服を着ていますか?

部屋着って古くなった洋服?

それともジャージ?

1日の中でおうちで過ごす時間が多い。という方もいますよね。

また、今日はおうちでのんびり。という日も。

そんな時、自分の好きなお洋服を自宅で着てみる。

なんでもいいか。って思うより今日は、これを着て過ごそう〜!

そう思うと楽しくなってきません?

という私は・・・・。

自宅では、動きやすいように丈を短くしたハーフ丈のキュロット。

夏は、暑いのもあって膝丈ぐらい。

秋冬は、ひざ下5cm〜10cm。

真冬は、素材をコーデュロイに変えています。

スタイル的には、変わらないスタイルをここ数年やっています。

自宅では、なんといっても動きやすいもの。

いつものキュロットスカートだと、ちょっと階段でもたついてしまいます。

自宅にいる時が多くて、階段の行き来も頻繁。

そんなことから、丈を短くしています。

転んじゃってもね〜。

古くなった部屋着じゃなくて、お気に入りのキュロットスカートなら急に「ピンポーン」

ってなっても着替えなくていいし、あわてない。

そのまま出ても恥ずかしくない。

っていうのが楽で、このハーフキュロットばかりです。

家族の送迎もこれ。

車から降りることってないから。短いほうが運転する時もよかったり。

近くのコンビニもこれ。

レギンスをはいてしまえば、足もでないし。

ブーツにもバランスのいい丈感。

そんなことから、おうちでは丈の短いハーフキュロットをはいています。

今年の秋冬は、ダスティーピンクも流行の兆し?

この秋冬もコーデュロイの生地でハーフキュロットを作ってみようと思っています。

厚めで生地もしっかり。太めのコール天。この生地は、ハーフキュロットにぴったりな感じです。冬にもあたたかい。

太コール天のハーフキュロットはポケットなし。これは、生地の厚みを考慮して。

予算の関係で、今年はまだ冬生地買っていませんが、今ある生地でかわいいキュロットスカート。ハーフキュロット作ろう〜。と思います。

細めのコールテンが多いですが、太コール。なんだかかわいい感触です。

DSC_2570

秋冬生地

すみ黒とグレー。が太めのコール天です。

光の関係で明るく見えていますが、落ち着いた色合いです。

ドット柄とピンクが比べると少し生地が薄地ですが、キュロットスカートにしても問題無い厚みです。リネンよりはしっかりとしています。

ドットは、ちょっと・・・。

でも、お家だったらいいかも?

という方。ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

素材は、綿100%です。太コール天は少しだけ、ストレッチがきいています。

コーデュロイのキュロットスカートやハーフキュロットスカートの販売のご案内は、メールマガジンにてお送りいたします。

ご登録いただいた方には、最初に新商品のご案内をお届けいたします。

最初のメルマガは9月下旬の予定です。

 


リネンやガーゼなどの天然素材の手作りお洋服komof kamakura

komof

komof


にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
にほんブログ村