リネンやガーゼなどの天然素材の手作りお洋服

komof服ができるまで。

  • HOME »
  • komof服ができるまで。

こんにちは。

リネンとガーゼのお洋服komof(コモフ)洋服作家の小森谷孝子です。

今日は、わたしが作っているお洋服について。

作り方ではなく、生地を買ってからお届けまでどんなことをしているのか?

をご紹介しますね。

布を買って。切って。縫う。

それだけじゃないんです。実は。

そこに、ハンドメイド。手作り服の魅力があります。

では、はじめますね。

<1>まず、作りたい物が決まったらまずパターン。型紙を用意します。

パターンは、新作の場合は、すべて一から作ります。そして、試作をして問題がないようなら製作にはいります。

<2>生地を注文します。

生地は、基本的にはまとめて注文しています。こだわりの天然素材の生地を選んで特にリネンは、自分で一度着てみていい。と思った物だけを使っています。

<3>生地が決まったら、まずは生地の地直しをします。

この作業を水通し。と言ったりもします。生地には、ゆがみや洗うことにより縮んだりもします。これは、とても重要な準備で出来上がりの出来に左右していまいます。「せっかく作ったのに、お洗濯したら縮んでしまった。」なんてことのないように気をつけています。

<4>裁断をします。

裁断は、丁寧に。正確に。を心がけています。型紙通りにキチンと。布目の方向も注意しています。

<5>ミシンで製作をします。

何よりも丁寧に。そしてきれいな縫い目で。そして、着る方をイメージして。とても集中する作業です。

<6>出来上がったら、サイズや仕上がりを確認します。

デザインやサイズ確認と、糸の処理がきちんとできているか?を確認します。

<7>仕上げ洗いをします。

出来上がったお洋服をお客様にお届けする前に再度洗いをかけて、きれいな状態でお届けできるように洗います。

<8>天日で干します。

天然素材なので乾燥機は使いません。お天気のいい日にお日様の光で乾かしています。気持ち良く着ていただけるように。自然の温かみを味わっていただけるように。そんな気持ちでいます。お天気の悪い日が続いてしまうと、お時間をいただいてしまう場合もありますが、最後の仕上げにもこだわっています。

<9>アイロンできれいに仕上げます。

シワ加工のあるものは、アイロンはほとんどしませんが生地の特徴を見ながら必要なものは、アイロンがけをしています。全体にするもの。部分的にするもの。様々ですが、よりきれいな状態でお届けしたい。という思いから最後にアイロンがけをしています。この時、最終的な糸の処理のチェックもします。

<10>心をこめてお届けします。

この工程をすべて終えることができたら、お届けします。郵送の場合は、直接お渡しできませんがお手入れなどのアドバイスや生地のことについてなど簡単ではありますが、私からお客様へお伝えできたら・・・と思いましてお手紙にさせていただいています。

<11>無事にお届けできているか確認をさせていただいています。

お客様のもとにきちんとお届けできているか?また、気に入っていただけているでしょうか?ということは、とても気になります。ご縁をいただいて作らせていただいたお洋服なので最後まで見届けさせてくださいね。

少し長くなってしまいましたが、このような工程を経てkomofのお洋服はお届けしています。お時間をいただいてしまうこともあると思いますが、決して手を抜かない。ことをお約束させていただきます。

「丁寧に。心をこめて。」

komof服をお届けできるように、これからもがんばります。

komof 小森谷孝子

リネンやガーゼなどの天然素材の手作りお洋服komof kamakura

komof

komof


にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
にほんブログ村

PAGETOP
Copyright © komof (コモフ)kamakura All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.